派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 会社設立と経理

会社設立と経理

image

・会社設立すると経理が必要に
企業の中には経理を担当する部署やスタッフがいることも多いですよね。
自分が会社設立すると今度は自分がそのような経理へ対応していかないといけません。
ちなみに経理とは会社の運営でかかったお金の流れを記録しておく仕事となります。
法人を運営するとめまぐるしく収入と出費が連続することもよくあります。
これらはなんとなくで把握していればいいのではなく、しっかりと記帳されるのが望ましいのです。
そうでないと会社のお金の流れがわからなくなり、経営がうまくいかなくなることもあります。

また、会社設立するとその法人に対して税金が課されます。
これは税務署が勝手にやってくれるのではなく、自分で申告をする必要があるのです。
そのときに経理がきちんとされていないと収入や経費がどれくらいあるのかはっきりせず、正確な申告が難しくなることも多いのです。
このようなことから会社設立すると経理はきちんと対応する必要があります。
対応方法は1つではありませんが、何らかの方法で対応してください。

・経理をどう対応する?
経理への対応方法ですが、専門のスタッフを雇ってその人にやってもらうというイメージがある方も多いでしょう。
もちろんそのような対応をしてもOKですが、すぐに都合のいいスタッフが見つかるとは限りませんよね。
経理を任せられる人材がいない場合、経営者が自分で経理の対応をするという方法もあります。
社内で誰が経理をやっても問題はありませんから、創業者が自分で対応してもOKなのですね。
会社のお金の流れを経営者が自ら把握しているのは強みになりますし、これなら専門のスタッフを雇えなくても経理に対応できます。

しかし経営者がみずから経理という事務作業に追われていると肝心の経営の方がおろそかになりそうですよね。
事務作業はやはり誰かに任せたいと思うなら専門のスタッフを募集してその人にやってもらうといいでしょう。
なお、専門のスタッフをうまく採用できないときには、専門知識のないスタッフを雇って教育するという方法もあります。

・経理を外注する方法も
このように会社設立後に経理に対応する方法は1つではないのですが、人を雇ったり教育したり、経営者みずからが対応したりといった手間をすべて省けるのが経理の外注です。
一部の税理士など創業直後の会社の会計を請け負っている場合もあります。
そちらの専門家に依頼すれば代わりに経理をやってもらえます。
会計の専門家に依頼すれば間違いも起こりにくいですし、手間も省けて非常に楽ですよ。
このように会社設立したら何らかの方法で経理に対応してください。