派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 会社設立の平均年齢は?

会社設立の平均年齢は?

image

・会社設立は年齢が若いと有利?不利?
ビジネスの世界は、年齢に限りがありません。
若くして成功する人がいれば、年を取ってから事業を始めてうまくいく人もいます。
会社設立をする人の平均年齢は、日本ではまだまだある程度の年齢を経てから起業するケースが多いので、高齢の人が多いのですが、段々と若い人もビジネスに参入しつつあります。
若いうちに経験をしておけば、万が一躓いてもやり直しがききやすく、融資の面でも有利です。
では、社員の平均年齢は若い方がいいのでしょうか?どうなのでしょう?

・社員の平均年齢について
社員の平均年齢は、バランスよく各年代を配置した方がいいです。
なぜなら、その方が、会社内の人間のバランスが良くなり、チームワークがとれるようになってくるからです。
高齢の社員ばかりだと技術力に優れますが機動力が足りず、若い年齢の社員ばかりだと、エネルギーはありますが、人が安定しないというように、それぞれ一長一短があります。
バランスよく、全年代の社員を配置することで、社内の人間関係も良好になりやすいです。

・役員報酬の決め方
役員報酬は、一般的な給料報酬とは違います。
休日や残業代などの義務が生じないのが役員報酬です。
そのことを加味して、役員たちの報酬額を設定しなくてはなりません。
株式会社の場合役員報酬は原則年一回固定となっています。
これを定期同額給与と固定しないと役員報酬として認められず経費を計上することができません。
この点が一般的な社員の給料とは、大きく違いますので十分注意が必要です。
また、親族で役員を固める時は、実際に業務を行ってもらうようにしないと、不正に報酬を与えていたということになってしまいますので、気をつけましょう。

・社員の給料の決め方
社員の給料の決め方はまず、労働市場の給与平均をリサーチすることから始めないといけません。
市場平均より下回る給料を提示すると、人件費コストを抑えることはできますが、人が定着しにくくなります。
逆に市場相場より高い賃金を提示すると、人が多く集まるようになりますが、人件費コストが増えてしまいます。
給料をいくらに設定するかで、会社としてのあり方が全く変わってきますので、慎重に設定をしなければなりません。
理想的なのは、やはり人が安心して働ける職場を目指すことですので、相場よりも高い給料を提示して、人材を安定させることを優先した方が、最終的には会社の利益につながるのではないでしょうか。
実際に、とある運送会社が給料や福利厚生などの待遇を良くしたことで、業績を大幅に伸ばしたところもあるようです。
このあたりは、経営者の腕の見せ所ということになるでしょう。