派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 会社設立する日!先勝や大安、天赦日がおすすめ

会社設立する日!先勝や大安、天赦日がおすすめ

image

自分で新しく会社設立をする人は、どんな日を設立日に設定したらいいのか分からないことが多いです。
公証役場が平日しか開いていないため、自分の時間が取れて公証役場の開いている日ならいつでもいいだろうと思っている人もいると考えられます。
しかし、会社設立をするのであれば、縁起のいい日に設立をしたほうがいいと言われています。
そこで、縁起が悪い日はいつなのか、縁起がいい日はいつなのかを見ていきたいと思います。


・会社設立するときに縁起が悪いと言われる日はいつ?
会社を設立するときは必ず、仏滅や赤口の日を避けるようにしましょう。
これらの日は会社設立に縁起が悪いと言われています。
仏滅というのは「仏も滅するような大凶日」という意味で、一般的に縁起が悪いと言われている日です。
このため、会社設立や結婚式には縁起が悪いと言われています。
また、赤口は陰陽道の赤舌日(凶日)に由来し、午前11時くらい~午後1時くらいまでは吉なのですが、それ以外の時間帯は凶となってしまうので注意しましょう。


・会社設立に縁起がいい日はいつ?
会社設立するのに縁起がいい日としては、先勝や大安、天赦日や一粒万倍日がおすすめだと言われています。
先勝というのは「先ずれば即ち勝つ」という意味で、早いことが良い=先勝の午前中に会社設立を行うといいと考えられています。
大安に関しては六曜の中で一番いい日だと考えられていて、縁起がいい日として知られています。
大安の意味は「大いに安らぐ」ということで、何かを始めるときに縁起がいいとされています。
先勝や大安の他にも天赦日や一粒万倍日が会社設立に縁起がいい日と言われています。
天赦日というのは「天の神様がどんな罪でも許してくれる日」だと言われていて、年に5~6回しかない縁起のいい日です。
また、一粒万倍日は商売繁盛という意味があるので、この日に会社設立をするのも縁起がいいと言われています。


このように会社設立をするときは、会社の先行きを良くするためにも縁起のいい日を選ぶのがおすすめです。
一般的に会社設立は先勝や大安に行う人が多いので、先勝の午前中に手続きを済ませるのもいいと思います。
仕事で都合がつかなかったり、時間がないということであったとしても縁起が悪い日に会社設立をするよりは、縁起のいい日を再度選び直して会社設立日にしたほうがいいと思います。
会社設立をするのであれば縁起のいい先勝や大安、天赦日や一粒万倍日に行うのがおすすめです。