派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 派遣会社を設立するメリット

派遣会社を設立するメリット

image

派遣会社もたくさんありますが、これから設立する会社にこれを選ぶメリットは、大規模な設備投資が必要ないことです。
現在ではすっかり普及したこともあり、よく知っている人も多いでしょうが、派遣会社の運営に必要なのは、実際に現場に派遣されて働く人員と、実際に人員を配置する段取りや、移動や連絡の手段などです。

工場や大企業のオフィスのように、何十人も入れる事業所は無理に必要ありませんし、特殊な大型機械なども必要ありません。
極端な話を言うと、現場に派遣する人員に心当たりがあり、あとはその現場と連絡を取る手段と、現場までの移動手段があれば、派遣会社としてのお仕事ができるのです。
現場に連絡する手段は個人の携帯電話で十分ですし、移動も軽自動車などでも十分です。

実際に派遣会社を運営するために必要なのは、登録ワーカーの用意と、あとは派遣会社を設立するために最低限必要となる、一定条件を満たすオフィスとなります。
もちろん何の準備もなく誰でもすぐにできるものではありませんが、他の業種に比べると、特殊な機械やオフィスの用意などが少なくて済むため、元手が比較的少ない人でもチャレンジできる業種です。
これが大きなメリットとなるでしょう。

また、この業種にチャレンジするために難関資格が必要ないこともメリットです。
医者になりたいなら医師の資格、弁護士なら弁護士の資格と、仕事には資格がつきものですが、派遣業は特に資格は必要ありません。
会社を設立するためには国が指定する講習を受講しないといけませんが、これを受講するために別の資格が必要といったことも特にありません。
その講習を受け、教えられたことを守らないといけませんが、それに気を付ければ、基本的に派遣業ができます。
小さいころからずっと特定の資格を目指して勉強を続けてきた人でなくても、派遣会社を設立できるのは、大きなメリットです。

その他、派遣会社は社会的ニーズのあるお仕事です。
それに携われるのは、やりがいという意味で大きなメリットがあります。
人手不足で悩んでいる職場は多いのですが、これを解消するためには手間がかかります。
求人広告を打ったり、応募者を面接して自分の職場に合いそうな人を選別したりと、かなり負担が大きいため、本業が忙しい職場では手が回らないことが多々あるのです。

そのような職場の助けになるのが派遣会社の存在で、求職者の募集と選別、顔合わせのセッティングを代わりにやってくれるため、職場からはかなり感謝されます。
そのようなやりがいのある仕事ができるのも、派遣会社を設立する大きなメリットです。