派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?

派遣会社を設立

近年大幅に増えてきた業種の中に人材派遣業があげられますが、この業種が普及したことによって日本の労働環境は大きく変化したと言われています。
たとえばこれまで正社員雇用がスタンダードだった資格職にも派遣社員で働く人がいますし、製造業や営業職、接客業といろいろな業種に派遣社員がいます。
派遣社員は基本的に派遣会社に登録した後にそこから文字通り派遣される形で職場へ行きます。
したがって雇用の管理は派遣先がするのではなく派遣会社が行いますから、給料の設定や雇用期間も派遣会社の条件で決まります。

なぜこれほど派遣会社が普及したかと言うとひとつは「就職のしやすさ」があげられます。
一般的に就職活動をするとなると求人情報を探し、応募先の情報を調べたり応募の手続きをしたりといろいろなことを一人でこなさなければなりません。
しかし派遣社員はそういったことをすべて派遣会社がやってくれるため、就職へのハードルが下がりますしコーディネーターに相談しながら進められるので安心感があるのです。
このような理由から派遣会社は全国各地に設立されており、各県で見かけます。

また派遣会社にも全国展開している大規模な会社もあれば、地域限定の会社もあり種類は豊富です。
設立に向けていろいろなハードルがあるのは事実ですが、近年の需要を考えると失敗しにくい事業と言えるかもしれません。
人件費は企業がもっとも気にする部分ですし、コストカットを考えるときに最初に手をつけるのがこの部分ですから派遣会社を利用したいという企業も多く、まだまだ派遣会社の需要は続くでしょう。

派遣会社は人を集めることがメインになるため、特別な技術を必要としませんし比較的少人数でも運営していけます。
もちろん派遣先をできるだけ多く確保しておかなければ人材が集まって来ないので営業力は必要でしょうが、ひとつの企業が複数の派遣会社と契約することもめずらしくないので競争率も実はそれほど高くないのです。